photo by Shingo Ito (Shingoster LIVING)

経歴

宮下 智吉

漆の器


生活の中にある漆の器を中心に、素地から仕上げまで一貫して制作をしている。

たまに古物修理、建造物内装、家具製作なども。       

漆の魅力を伝えられるようになりたい。

先人と師匠と職人を尊敬し、憧れている。


1979年 長野県岡谷市生まれ    

2006年 東京芸術大学 漆芸専攻 卒業

2008年 同大学院 修了      

2009年 同大学院 研究生 修了

  

2020年長野県松本市に工房を構える。   

 



2021年 現在

日本文化財漆協会 常任理事

​東京芸術大学 漆芸研究室 非常勤講師 (轆轤実習)




制作にあたり



木地から、上塗り、仕上げまでを一貫して制作することが、

大学の教育方針でしたので、そういうものだと制作をし続けてきました。


木地加工も、下地も、塗りも、工程全て楽しくて、

それぞれわからないことが多くて、うまくいかないことも多く、

知りたくて続けていたら

一貫して制作するのが自分にとって丁度いい制作リズムになっていました。


専門職の職人さんと比べたら、技術は足りないところばかりだと思うことが多いので、

材料、素材、道具を自分に手に入れることのできる一番いいものにしたいと思いました。

いい材料、いい道具を揃えられたら、うまくできないのは自分の技量のせいになります。

自分の技量に言い訳をしないというか、自分の技量の足りなさがはっきりわかるように、

制作に取り組みたいと思いました。


材料は、お世話になっている職人さん、専門の方に恵まれ、いい材木屋さんを紹介していただき。

道具も紹介をいただき、不足なくそろえることができ。

漆は、岩手、茨城の職人さんから譲っていただいています。


顔が見えなかったり、何が混ざっているのか何かわからないような漆を扱って、

この器はいいものだと人に薦めることはできないと思い、

もう10年は経つでしょうか、その時から顔が見える職人さんからの日本産漆しか使わなくなりました。

日本産の方が外国産の漆よりも必ずしも勝るとか、そういうことではなくて、

顔が見えることの安心感。気持ちの良さ。


多分、下地から仕上げまでを全部、日本産漆で制作しているなんて、嘘だと思われると思うし、

頭悪いのでないかと思われるのでしょうけど。高価なものを使って勿体無いとか。

漆工技術にとって当たり前になっている方法も、

なんだか疑問に思うところもあって、

顔が見える生産者のものを使う、自分の目で確かめられるものを扱いたい。

それはただ、制作していても気持ちがいいですし。

もちろん、仕上りの艶も、肌も、力を感じますし、品がある。

自分の技術以上に力をいただいています。


浄法寺をはじめとする岩手も、茨城も、漆の採取量に対して、需要量が多いのが近年続いています。

漆の木を植える。保育管理する。漆の木を育てる。漆を採取する。

循環が上手くいっていないので、漆の確保も年々厳しくなっています。

気心知れている職人さんの漆のみを扱い、いつまで制作を続けられるかは今はわからないけれど。

制作する上で気持ちがいい状態を保つことを大切にして、

できる限り今の状況を維持していきたいと思っています。

いい材料を揃えるって、自分にとっては趣味みたいなことなので、利益なんて程々でいい。

 開店当初から何年たっても値段を変えず、こだわりの料理を作り続けるような町の食堂のように。でも無理しすぎてある日疾走しないように。

 そして、いい器っていうのは、素材や、材料の良さだけではないと思うから、それは見失わないように。


自分が制作を続けることで、自分を支えてくれている、素材、材料、漆、を提供してくれる職人さん達を、少しの力だとしても継続して支えることになればと思っています。


宮下智吉

器の取り扱い店

in-kyo 】…福島県三春町

Shingoster LIVING 】…茨城県つくば市

nara 】…大阪市中央区上町

※お店の状況により常設されていない場合もありますので、直接お店にご確認ください。




MALDA】  京都府御池烏山 MALDAの宿で朝食に器を使っていただいています。

tortuga 】  東京都中央区 八丁堀にあるスペイン料理のお店で一部器を使っていただいています。

てんぷらみかわ】  東京都港区 六本木店で、器を一部使っていただいています。

【新橋しみづ】  東京都港区 新橋のお寿司屋さんで、器を一部使っていただいています。

山食堂】  東京都江東区 清澄白河にあるおいしいごはん屋さんで、器を一部使ったいただいています。

【てんぷらやぐち】 東京都中央区 人形町のお店で器を使っていただいています。


【boulangeriecanure】 福島県三春町 美味しいパンと焼き菓子のお店で、カヌレを盛る器に使っていただいています。


これまでの展示


2019/

    3月 個展 / ayumi gallery      ごはんのおいしい漆の器

  12月 個展 / in-kyo    家族の漆

  12月 個展 / ババグーリ松屋銀座店 


2018/

    3月 個展 / ayumi gallery ごはんのおいしい漆の器 

   12月 個展 / in-kyo 家族の漆


2017/

   04月 個展 / ババグーリ新宿伊勢丹店

   04月 個展 / ayumi gallery

   11月 個展 / nara

   12月 個展 / in-kyo 家族の漆

   12月 個展 / ババグーリ松屋銀座店

 12月 冬の贈り物展 / ババグーリ清澄白河本店