器と匙の講座〜始まりました。

6月から

「木地制作から仕上げまでを一貫して行う講座」が始まりました。

どんな講座になるかまだ探り途中ですが。

食べるものと器と匙について考える場になればと思います。


器の形状を考え、木を削り、成形していくことと、

成形を終えたものに漆を塗って仕上げていきます。

難易度はやや高く、月に一度の講座では完成までは時間もかかりそうですが、

なるべくこちらが手を出さないように、

それぞれの皆さんが納得がいくまでかたちを詰め、考える。

最終的には、手入れも含めて、道具を扱えるようになればと思います。


なんでも好きな器を作るとなると、自由度が高くてもなにを作るか迷ってしまうので、

まず『盛り付けるたべもの』をお題にして考えていきます。


今回は、

『甘味』 を食べる 器と匙

について。


2022年度は月に一回、全8回を予定しています。

仮に予定を立てるならば、

6/19・食べるものから器を考える

9/11・道具の使い方〜削り方〜研ぎ方

10/30・器を作る

11/20・器を作る

12/18・器を作る

1/8・匙を作る

2/12・匙を作る

3/12・漆を塗る


満足がいくように仕上がるまでを繰り返す、

通年の教室になればと考えています。

講座詳細


限られた道具の中で、木地制作から漆塗りまでを行います。

制作を通して、器について考える場を作りたいと思います。

今回は、ノミと小刀を使い、『刳りもの』で器を制作していきます。



定員:6名  


参加料:各回1,000円(材料費として)

    

道具:¥15,000ほど ノミ・切り出し小刀・漆刷毛 (必要な方は相談の上)
     他 砥石 (希望者は相談の上)

※道具は個人所持のもの。ノミ・切り出し小刀・漆刷毛は、準備のない方は相談の上。

砥石も準備していただきたいですが、やりながら相談の上でも大丈夫です。

 

※未成年者の場合は、刃物を扱う際の心配と、漆を扱う際にかぶれの心配があることを、

保護者の方に理解を得られた上でご応募ください。


2022年度は全8回教室があります。


日程:6/19・9/11・10/30・11/20・12/18・1/8・2/12・3/12

(予定が変更する場合もあります。その時は事前にお伝えします。)

時間:14:30〜17:30


場所:神楽坂一水寮漆研究室  新宿区横寺町31


募集方法 (随時)


対象者

コロナ禍で思うように授業を受けられなかった方々。


受講を希望される方は、

件名を、「器と匙受講希望」

お名前と、連絡先アドレスを記載の上、

miyashitatomokichi@gmail.com宛にご応募下さい。


○お名前

○ご連絡先アドレス


器について考える時間を楽しみにしています。

見学したい方もどうぞご連絡ください。


宮下智吉 漆の器

miyashitatomokichi@gmail.com

宮下智吉 漆の器